閉じる     戻る 進む

このページでは、このように色づけされた用語をクリックすると➤用語解説窓が開きます。
また、頭に★マークのついた単語(あるいは文)をクリックすると、関連する外部リンクへ移動します。

未だコロナ禍が収まらない中で、次亜塩素酸水を商品の一部あるいは商品そのものとして取り扱っている弊社としては、商品の説明責任を果たす必要があると考えています。 そこで「次亜塩素酸」でweb検索するとリストアップされる様々な物質について、それらの特徴や、購入・使用にあたっての注意点などを解説していきます。
未だ原稿作成途中ですが、ほぼ完成した部分を順次公開していきます。
この記事の目指すところは、自社の商品を宣伝することではなく、ましてや他社の商品を貶めることでもなく、 ユーザーの方々がご自分の目的・用途に応じて製品を選択するための一助となることです。

目 次
次亜塩素酸ナトリウム
=== 以下は作成中です ===
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム
水溶液を混合させて造る次亜塩素酸水
水の電気分解で造る次亜塩素酸水
イオン交換法で造る次亜塩素酸水
次亜塩素酸ナトリウムとは

まず最初に登場するのが、次亜塩素酸水と思って使用すると危険なことになるかもしれない次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)です。 塩化ナトリウム(NaCl)が陰イオンの塩素と陽イオンのナトリウムから成る「塩」であるように、次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸イオン(ClO-)とナトリウムイオンから成る塩です。塩化ナトリウムと異なり、大変不安定な物質ですので、水溶液としてしか取り扱えません。 webで検索すると「次亜塩素酸ナトリウム」、「次亜塩素酸ナトリウム液」あるいは「次亜塩素酸ナトリウム溶液」という名前で市販されていますが、いずれも次亜塩素酸ナトリウム水溶液のことです。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、一般的には水酸化ナトリウム(NaOH)の水溶液に塩素ガス(Cl2)を吹き込むことで造られます。 塩化ナトリウム水溶液を電気分解して、同時発生する水酸化ナトリウムと塩素ガスを反応させて造る方法もあります。 どちらの方法で製造しても、次亜塩素酸ナトリウムが生じる反応式は:
 2NaOH + Cl2 → NaClO + NaCl + H2O
となりますので、これらの方法で製造したものをそのまま製品とした場合は、次亜塩素酸ナトリウムと同じ物質量(モル数)の塩化ナトリウムが混入することになります。

主な用途は消毒、漂白、脱染(汚れ落とし)です。 具体的には、プールの水や水道水などの殺菌、クリーニングや製紙業界での漂白、金型などの汚れ落としなどです。 どちらかというと一般家庭向けではありませんが、哺乳瓶の消毒などにも使われていますので、普通の家庭でも購入できてしまいます。 また、家庭用の漂白剤や漂白機能をもつ洗剤などの成分として、次亜塩素酸ナトリウムという名前をご存じない一般の家庭にも持ち込まれてしまいます。 「しまいます」という言葉を続けて用いたのは、間違った使い方をすると危険なものであることを表現したかったからです。

次亜塩素酸ナトリウムは危険?

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤も含めて)が危険だという第一の理由は、原液の有効塩素濃度が1~12%と高いからです。 12%という濃度は食品添加物として規定されている次亜塩素酸水の有効塩素濃度の最大値(80ppm)の1,500倍ですし、 WHOがガイドラインとして定める水道水中の上限値(5mg)の24,000倍にもなります。 ★健栄製薬の資料によると有効塩素濃度が0.04%以上の場合、ウサギ背部皮膚に対する皮膚刺激性(充血と炎症性細胞浸潤)が認められ、5%以上の濃度では壊死を生じています。
第二の理由は有効塩素濃度に応じて高くなるpHです。 有効塩素濃度5~12%の次亜塩素酸ナトリウムのpHは12.5~13.5という強アルカリ性(例えば★三重大学福崎先生のこの資料)です。このような強アルカリ液が皮膚にふれるとタンパク質が溶かされて「化学やけど」を引き起こす危険性があります。

「化学やけど」といわれてもピンとこないという方は★時事メディカルの記事をご覧ください。 特に、アルカリによるやけどは脂肪の酸化やたんぱく溶解をきたし、皮膚の深部まで入り込むということなので厄介です。 次亜塩素酸ナトリウム水溶液や家庭用漂白剤の原液が、万が一にも目に入ったなら大変です。 重大な障害を目に残す可能性があり、場合によっては失明してしまいますので、すぐに流水で目を洗い、近くの眼科を受診してください。

哺乳瓶消毒に用いる次亜塩素酸ナトリウムや一般家庭用の漂白剤など、pHが12を超えるような強アルカリ物質が家庭内に普通に使用されているのが現実です。 このようなものを扱う時はゴム手袋を、そして可能であれば防護眼鏡を着用する方が無難です。そして保管場所としては、決してお子さんの手の届かないところを選んでください。

次亜塩素酸ナトリウムを薄めて使う

原液はpHや有効塩素濃度が高いので危険とはいえ、当然のことながら、十分薄めれば次亜塩素酸ナトリウム水溶液は肌にふれても安全ということになります。 事実、青果物や食器・調理器具類の消毒には、有効塩素濃度が50~200ppm(pH 8~10)となるように希釈された次亜塩素酸ナトリウム水溶液が使用されている(★三重大学福崎先生のこの資料)そうです。このような水溶液であれば肌に触れても刺激を感じませんし、水滴が目に飛び込んでも流水で洗い流しておけば大丈夫でしょう。

しかし、ここで知っておかなければいけないのは、このpH範囲では有効塩素の大部分が次亜塩素酸イオン(ClO)として存在していることです(下図)。

次亜塩素酸水溶液の塩素存在比率のpH依存性
図1:次亜塩素酸水溶液の塩素存在比率のpH依存性
★出典:微酸性電解水協議会HP

一般には次亜塩素酸(HClO)の殺菌・除菌力は次亜塩素酸イオン(ClO)の約80倍と言われています(★「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料」、厚生労働省、2009)ので、 有効塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液には、有効塩素濃度2.5ppm程度の次亜塩素酸水程度の殺菌力しかないことになります。 であれば、次亜塩素酸ナトリウム水溶液ではなく次亜塩素酸水を使う方がはるかに良いということになります。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液の使い道は?

では次亜塩素酸ナトリウムの使い道は無いということでしょうか?

決してそんなことはありません。有効塩素濃度が高いということは危険である一方、消毒したい対象に対して少量の原液を用いるだけで済むということです。 例えば、厚生労働省子ども家庭局保育課の全国自治体向け事務連絡「★保育所等における新型コロナウイルスへの対応にかかる Q&A について」(令和4年5月25日) には、プール活動を行う際には遊離残留塩素濃度が 0.4 mg/L から 1.0 mg/Lに保たれるよう毎時間水質検査を行い、濃度が低下している場合は消毒剤を追加するなど、適切に消毒する。と書かれています。園児がプール中で遊べば有効塩素が消費されて濃度は下がっていきますから、この基準を満たすために例えば:
 ■ 一時間ごとにプールの有効塩素濃度を0.4mg/L上げる必要がある
 ■ プールの大きさ(貯水量)は10m3
と仮定した場合、一時間毎に4,000mgの有効塩素を投入することになります。 有効塩素濃度50ppmの次亜塩素酸水であれば80L必要になりますが、有効塩素濃度12%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液であれば33mLで済みます。

また、家畜伝染病の発生現場とその周辺の消毒など、病原体に汚染された多量の有機物などを消毒する際には、濃度50ppm程度の有効塩素では有機物との反応ですぐに消費されてしまいますので、全く役にたちません。そこで次亜塩素酸ナトリウムの出番となります。 このような場合には、強アルカリの原液をそのまま用いた場合でも、除染対象によって中和または希釈されてpHが下がることが期待出来ます。 そうなれば、次亜塩素酸イオン(ClO-)が次亜塩素酸(HClO)に変化します(上の図1をご覧ください)ので、消毒効果が大幅に増加するという大変都合の良いことも起こります。

以上の説明でおわかりいただけたと思いますが、次亜塩素酸ナトリウム水溶液の長所も短所も「次亜塩素酸水に比べて高い有効塩素濃度で用いる」というところにあります。人の手指や家具など比較的汚れの少ないものの洗浄・除菌には、正しく用いれば十分な病原体不活化効果があって安全な、有効塩素濃度50ppm程度の次亜塩素酸水を用いるのが良いでしょう。一方、汚れのひどい排水口の洗浄や衣類の染み抜きなどには次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用漂白剤(有効塩素濃度は数%)が手軽に使用できるでしょうし、多量にあるプールの水の消毒や広範囲に及ぶ本格的な消毒が必要となった場合には、取り扱いに注意は必要ですが、有効塩素濃度5~12%ほどの次亜塩素酸ナトリウム水溶液を入手するのが良いと思います。

 

LogomarkF
アクトHPトップへ ACTSNFトップへ ひとつ戻る お問い合わせ