会社案内

挨拶

社長 私が農業施設を始めた時は、建設業界は農業施設を非常に低く見ていた感じがありました。公共工事が建設会社にたくさんの利益をもたらしていた時代だからでしょうが、農業施設はレベルの低い会社が造るものと思われていたようです。確かに、アクトが出来る前は、農業施設の設計・建造にはいい加減なところがあったと認めざるを得ない状態でした。しかし、アクトの考え方は基本的に違います。農業は食そして命に関わる大切な仕事です。その農業をサポートしていこうと決め、決して建設業界に馬鹿にされる事のない会社作りを目指してきました。

  水よりも安い牛乳価格に疑問を持っているのは私だけでしょうか。ミルクは血液からできます。命からできているのです。我社の技術は品質に限らず、環境問題にも早くから取り組み、堆肥の高度処理や、パーラー排水、飲料水など多くの商品があります。特にパーラー排水処理技術に関しては、酪農家のお客様に浄化槽メーカーが「ミルクをいれて浄化が出来るわけがない」と言っている事を聞いてから、その言葉に疑問を持ち、当社のパーラー排水処理システムの開発が始まりました。

 農業機械メーカーの酪農課に所属し、搾乳機器を担当していた私は、現在農業施設専門メーカーアクトの中において、施設、機械作業を理解し、お客様の為に最善の排水処理システムを世に出すことを可能にしました。2011年5月には公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が共催する「中小企業優秀新技術・新製品賞」で優秀賞を受賞することができました。

 更には、冬期間(-35℃)でも凍らない車両消毒装置を実現させ、口蹄疫、鳥インフルエンザに対して冬期間でも安心して頂けるような装置開発に成功しました。又、これはシストセンチュウに対しても効果が大きいことが確認されていて、酪農学園大学や帯広畜産大学にも採用いただいております。

弊社は堆肥撹拌装置や各種農業施設についても北海道の環境を考えた商品の研究開発を着々と進めております。農業施設では、どこにも負けません。必ずアクトには解決策があります。
「全てはお客様の為に」との経営語録と、「農業は高貴な仕事」との思いで、農業を全社員で全面的にサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

株式会社アクト
代表取締役   内海 洋 hiroshi uchiumi