クリーン・リフレ

除菌・洗浄・消臭

このページでは、このように色づけされた用語をクリックすると➤用語解説窓が開きます。 また、冒頭に★マークのついたリンクをクリックすると、関連する外部サイトに移動します。 次亜塩素酸水(酸性電解水)の効果や安全性などついては、アクトSNFの次亜塩素酸水をご覧ください。

■ このページの目次

クリーン・リフレのご紹介

大学との連携

自社独自の試験結果

ご使用例

お客様の声

お問い合わせ

 
水滴 クリーン・リフレのご紹介
アクトが提供するクリーン・リフレは三室型の電気分解装置クリーン・ファインで食塩水を処理して得られる酸性電解水です。その特徴は:
  1. pH2.5~5.0、有効塩素濃度30~110mg/L(ppm)程度です。ただし、通常出荷するものはpH2.7~4.5、有効塩素濃度35~60mg/L程度で、この値は厚生労働省が食品添加物(殺菌料)として指定する弱酸性次亜塩素酸水に相当します※1(下の図1)。
  2. 有効塩素濃度は低めですが、バクテリアやウイルスなどの微生物にとっては致命的です。しかし、人間の皮膚のような有機物のかたまりにはごくわずかな影響しか及ぼしません。アルコールや逆性石鹸などの一般的な消毒剤と比較すると、クリーン・リフレの刺激はほとんど無いといってよいでしょう。ちなみに下の図1-2に示したように、クリーン・リフレと同じ程度の除菌効果をpHが9以上の次亜塩素酸ナトリウム(Na)水溶液で得ようとすると100倍程度の有効塩素濃度が必要ですが、この濃度では直接皮膚にふれたりしないよう、取り扱いには注意が必要となります。
  3. もちろん、pH2.5という酸性度の高めのものが粘膜や傷口などに直接触れると痛みを感じることがあるかもしれませんが、危険なpHというほどではありません。市販の清涼飲料水や酒類の中にはpH2.5前後のものがたくさんあります。
  4. 塩化ナトリウム(NaCl)が入っておりません※2(水と同程度しか錆びない)。
  5. アルカリ電解水と混合して中性に近いもの(pH6~7)にしたニュートラル・リフレもお届けできます(混合によりNaClが生じますが、その理論上の濃度は最大で0.02%です)。
  6. 次亜塩素酸水の安全性については既に多くの報告がありますが、アクトが独自に一般財団法人日本食品分析センターに依頼して行ったクリーン・リフレの急性経口毒性試験※3の結果では、雌のラットを用い、2g/kg(体重比)量のクリーン・リフレを1回投与し、その後14日間の観察において異常は認められませんでした(体重比2g/kg量はラットでは約0.5mL、人間では約100mLに相当します)。
  7. ニュートラル・リフレを帯広保健所に分析※4していただいたところ、有効塩素濃度以外は「飲用適の水(現在の食品製造水)」の基準を満たすことがわかりました。

※1 アクトは「食品添加物だから安全です」という、滑稽とも言えるような主張はしません。眼や皮膚に付着したり吸入したりすることの危険性が指摘されている次亜塩素酸ナトリウムも同じ食品添加物の指定を受けているからです。ただし、食品安全委員会の評価内容と評価に用いた引用文献、そしてその他多くの科学論文に基づき、「食品添加物として指定されている次亜塩素酸水」に該当するクリーン・リフレは、同程度の除菌効果をもつ濃度の次亜塩素酸ナトリウム水溶液よりはるかに安全であり、様々な消毒剤に比べても安全で皮膚や粘膜への刺激が少ないことを確信しています。 ※2 厚生労働省は食品添加物(殺菌料)としての次亜塩素酸水に関して、原料である塩化ナトリウム(食塩、NaCl)溶液の濃度は0.2%以下と規定していますが、生成物である次亜塩素酸水中の塩化ナトリウム濃度については特に規定していません。したがって、食品添加物(殺菌料)の規定に適合している次亜塩素酸水と説明されていても、最大で0.2%のNaClを含むものが市場に出回っている可能性があります。 ※3 ※4 万が一少量を飲んでしまった場合の安全性や、次亜塩素酸以外の不純物が生成されていないことを確認するため行った試験と分析です。クリーン・リフレは少量が口の中に入っても心配することはありませんが、クリーン・リフレの有効塩素濃度は日本の水道水の上限の目標値(1ppm以下)やWHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインが定めた上限値(5mg/L)を大きく超えていますので、決して飲用に用いないでください。

食品添加物<sup style=
図1-1:食品添加物としての次亜塩素酸水の組成範囲とクリーン・リフレの組成範囲

有効塩素中のHClOの存在比率のpH依存性
図1-2:25℃における有効塩素中のHClOの存在比率のpH依存性。

小寺・山田(2004)の図に加筆修正し、一般に用いられる次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム(Na)水溶液のpH範囲を示した。 青線がCl2(塩素)との共存下でのHClO(次亜塩素酸分子)の存在率、赤線がClO(次亜塩素酸イオン)との共存下でのHClOの存在率を表す。低pH側ではCl2が、高pH側ではClOが優勢になるが、pH2.2~6.5の間では次亜塩素酸分子が大部分を占めることが見て取れる。 厚生労働省が食品添加物として認めた3種類の次亜塩素酸水のpH範囲を示したが、通常出荷するクリーン・リフレは弱酸性次亜塩素酸水、それをアルカリ電解水で中和したニュートラル・リフレは微酸性次亜塩素酸水に該当する。 一般的に使用される次亜塩素酸Na希釈液の有効塩素濃度は50~200ppm(福﨑、2010)、市販されている次亜塩素酸Na原液の有効塩素濃度は4%(40,000ppm)以上である。
※ClOの殺菌力はHClOより二桁程度低いため、有効塩素濃度が同じであれば、pH5での殺菌力を100とした時、pHが高くなつにつれ、ほぼ赤線に沿って殺菌力(右目盛)が低下する。従って、有効塩素濃度が50ppmの次亜塩素酸水と同程度の殺菌力をもつ次亜塩素酸Na水溶液の有効塩素濃度は、pHが8の場合は150ppm以上、pHが9以上の場合は約5,000ppm(0.5%)も必要となる。

食品添加物(殺菌料)は調理器具や容器、野菜・果物等の殺菌方法として大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省)に規定されているもので、「使用後、最終食品の完成前に除去される場合、安全性に懸念がないと考えられる」とされています。つまり、飲んでも良いものとは規定されておりません。

 

LogomarkF
水滴 大学との連携
クリーン・リフレが次亜塩素酸水について説明したページの表1にあげた病原体に対し高い効果を発揮するのは勿論ですが、大学等との共同研究を通じてアクトが独自にクリーン・リフレの効果を確認した病原体も数多くあります。最近の帯広畜産大学との共同研究で、現在世界中を恐怖に陥れている新型コロナウイルスに対する効果を確認して国際誌で公表したことは、特筆すべき成果だと考えています。 クリーン・リフレについての主な研究成果で、公開されているもののみを以下にリストアップします:
  1. 新型コロナウイルス: ★Takeda et al(2020)Acidic electrolyzed water potently inactivates SARS-CoV-2 depending on the amount of free available chlorine contacting with the virus. Biochemical and Biophysical Research Communications 530 1-3
  2. 新型コロナウイルス: 帯広畜産大学(2020)新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明 第1報
  3. 新型コロナウイルス: 帯広畜産大学(2020)新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明 第2報 帯広畜産大学の上記二つの研究報告第1報と2報についてはこちらから検索してご覧ください
  4. 豚流行下痢ウイルス: ★今井ほか(2019)豚流行性下痢ウイルスに対する次亜塩素酸水のウイルス不活化効果 日獣会誌 72 103-106
  5. 口蹄疫: ★BUIほか(2017)Potential of electrolyzed water for disinfection of foot-and-mouth disease virus The Journal of Veterinary Medical Science 79 726-729
1例として、帯広畜産大学が行った新型コロナウイルスにたいする実証試験結果について書いておきます。この試験ではpH2.5、4.5、6.0という三種類の電解水(下図のEW)を「試験液」として用いていますが、前二者はクリーン・リフレで、pH6.0のものはクリーン・リフレとアルカリ電解水を混ぜ合わせて作成した中性化クリーン・リフレ(商品名はニュートラル・リフレ)です。いずれも弊社が提供したものです。比較対象としては蒸留水をさらに蒸留した水(2回蒸留水、下図のDDW)を用いています。 以下の図中のウイルス力価についてはこちらをご覧ください。 試験結果をまとめたものが図2と図3です。図2が示すように、ウイルス液量:試験液量=1:9の場合、pH2.5で有効塩素濃度74mg/Lの試験液に1分間接したウイルスは99.99%以上が不活化しました(検出限界以下となりました)。塩酸を加えて同じ程度のpHに調節したリン酸緩衝液で行った実験ではウイルスが全く不活化しませんでしたので、試験液による不活化はpHが低い(酸性である)ことによるものではなく、次亜塩素酸の効果によるものと見なされます。 しかし、有効塩素濃度45mg/Lと29mg/Lの試験液では10分間接した場合でも、99%以上が不活化したものの、検出限界以下には至りませんでした。

CoVID19の不活化

図2:新型コロナウイルスに対する試験液の効果(1) 対数目盛なので、ひと目盛り低下するとウイルス力価が10分の1になります。

★出典:帯広畜産大学 新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明 第2報

一方、ウイルス液量:試験液量=1:15と、試験液の量をほぼ7割増しにした試験では、有効塩素濃度45mg/Lと29mg/Lの試験液であっても反応時間1分間でウイルスは検出限界以下まで不活化されました(図3)。

CoVID19の不活化

図3:新型コロナウイルスに対する試験液の効果(2)

★出典:帯広蓄産大学 新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明 第2報

以上の結果から、有効塩素濃度が30mg/L程度(あるいはそれ以下)という薄めのクリーン・リフレや中性化クリーン・リフレ(ニュートラル・リフレ)を普通に用いた場合でもウイルスを減らす効力は確実にあり、多量に用いれば用いるほど、より完全に不活化できると考えてよいでしょう。また、実際の使用現場では、新型コロナウイルス感染者の方から排出される唾液などの、ウイルス以外のタンパク質が多く含まれる汚染物を処理しなければならないことが多いはずですが、そのような場合でも、十分な量のクリーン・リフレを用いれば強力にウイルスを不活化できることがわかりました。 ※通常の唾液程度の有機物量の場合です。嘔吐物などの有機物のかたまりがある場合は、そのかたまりを取り除いた後にクリーン・リフレで洗浄・除菌してください。

 

LogomarkF
水滴 自社独自の試験結果
アクトは独自の研究室を持っていて、これまでも様々な研究開発を実施してきました。その成果のなかから、クリーン・リフレに関するものをご紹介します。

■大腸菌除菌試験

大腸菌に蒸留水、クリーン・リフレ、ニュートラル・リフレ、アルカリ電解水を同じ条件で接触させた後、設定温度35℃の定温装置で24時間培養したところ、クリーン・リフレとニュートラル・リフレの試験では大腸菌が死滅していることがわかりました。 ※ニュートラル・リフレとはクリーン・リフレ原液(酸性電解水)とアルカリ電解水を混合して中性にした、弊社の商品です。

 大腸菌試験結果

図4:大腸菌に対する効果試験結果

■靴裏除菌試験

上に乗ると自動的に靴裏を洗浄してくれる装置に洗浄液としてニュートラル・リフレを用いたところ、洗浄により雑菌がほぼ完全に取り除かれたことがわかりました。

 大腸菌試験結果

図5:靴裏洗浄試験結果

設定温度35℃の定温装置で72時間培養

■手洗い除菌試験結果

蛇口に直接クリーン・リフレが供給されている洗面台で、クリーン・リフレ(下図のCR)と中性化ニュートラル・リフレ(下図のNR)のそれぞれを用いて手洗い試験をしたところ、いずれの場合も洗浄によりほぼ完全に手のひらが除菌されていることがわかりました。

 大腸菌試験結果

図6:手洗い除菌試験結果

 

LogomarkF
水滴 ご使用例
ここまでご説明してきたように、アクトのクリーン・リフレは一般の消毒薬に比べて安全性が高いにもかかわらず、用いる条件によっては消毒薬と同等以上に病原体を不活化する能力を持っています。ですから、次のような様々な職場や生活の場でお役に立っています。
■職場や施設でのご利用例
●野菜栽培 ●家畜洗浄 ●畜舎の除菌 ●医療施設での器具や設備の洗浄
農作物に噴霧 牛洗浄 空間噴霧 医療現場1 医療現場2
●幼稚園や介護施設の環境浄化 ●食品工場、食品加工場、キッチンでの洗浄
空間噴霧 医療現場 空間噴霧 医療現場 空間噴霧
以上のほか、宿泊施設、美容室、食堂などでも実際に活用されています。
 
■一般のご家庭でのご利用例
主として消臭目的で
●タバコ ●ペット ●生ごみ ●靴 ●マイカー
タバコ ペット 生ごみ 靴 マイカー
主として浄化目的で
●室内・家具 ●衣服等 ●調理器具等 ●ドアノブ等 ●カビ対策
室内・家具 衣服等 調理器具 ドアノブ 窓の結露

 

LogomarkF
水滴 お客様の声
■新型コロナウイルスに関する声
職員A様
子育て総合支援センター職員A様

今回は噴霧器を無料でお借りすることができ、とても感謝しています。 新型コロナの感染者が多かったことから、安心感がありました。 新聞報道等で次亜塩素酸水のことが報じられるようになり、 正しく報道してほしいなと、多少憤りも感じながら消毒液として使用していました。 なかなか手に入らない状況でしたので、とても助かりました。

職員B様
職員B様

この度はアクトさんの「クリーン・リフレ」を子供たちが多く出入りする場所に使用させてもらいます。 除菌用の品々が、なかなか手に入りづらいところに、大変ありがとうございました。

歯科医院様
歯科医院様

先日はびっくりする早さで加湿器とクリーン・リフレをお届けいただきまして、 ありがとうございました。診療再開に間に合いまして感謝の気持ちでいっぱいです。

■インフルエンザに関する声
工場管理者様
工場管理者様

昨年からクリーン・リフレを使っていますが、感染症によって休む職員が少なくなり、仕事もスムーズに進み、社内の雰囲気も明るくなりました。

保育園職員様
保育園職員様

加湿にクリーン・リフレを利用するようになってからは、 インフルエンザ感染者がでても感染の広がり方が少なくなったと思います。 安全な除菌水ということで、園児たちにも安心して使用しています。

 

LogomarkF
クリーン・リフレに興味を持たれたお客様へ
■この記事をお読みになって、ご自宅での手の洗浄などに、今すぐクリーン・リフレを使ってみたいと思われたお客様には、ボトル詰めのものなどを供給することが可能ですので、こちらへお進みください
 
■次亜塩素酸水とは何なのか、どのように取り扱ったらいいのか等、次亜塩素酸水全般について詳しくお知りになりたい方はこちらの解説をご覧ください。
 
■クリーン・リフレを車両洗浄や畜舎などでの業務で使用することを考えておられるお客様や、このページを読まれてお感じになった疑問などがあるお客様のお問い合わせについてはメールでも受け付けておりますが、以下のリンクにあるフォームから必要項目にご入力のうえ、送信ボタンをクリックして下さっても結構です。 出来る限り早くこちらから折り返し対応させていただきます。
Mail form