トピックス

道畜産公社の牛肉のEU輸出が可能な施設として認可されました

10月31日の十勝毎日新聞にて、同畜産公社の牛肉のEU輸出が可能な施設として認可されたという記事が!
牛肉をEUに輸出できる加工施設は道内初です!
この結果の中には、アクトの技術が設置されています。クリーン・リフレ(電解無塩型次亜塩素酸水)は、食品添加物でありながら、口蹄疫・PED・豚コレラ・サルモネラ・ヨーネ・マイコプラズマなど、ほとんどすべての菌、ウイルスに効果があります。
工場に菌、ウイルスを持ち込まないように、クリーン・リフレ(電解無塩型次亜塩素酸水)を工場に入る前に家畜の全身にかける事で消毒しています。
以前は、次亜塩素酸ナトリウムに塩酸を混ぜた物を使用していました。
これでは許可は出ないのです。アクトのクリーン・リフレ(電解無塩型次亜塩素酸水)は世界でも認められる技術です。