トピックス

鳥インフルエンザに注意

11月26日の日本農業新聞にて、福岡の養鶏場から鳥インフルエンザの可能性がある疑似患畜が見つかったとの記事が。
今季では既に9例目、以前にアップしました紋別市でもカモ類の糞から鳥インフルエンザが検出され、兵庫でも感染の疑いがあるという。
農研機構・動物衛生研究部門は渡り鳥がEUからウイルスを運んできたと推定しています。
どんどん世界的にウイルスが広まっています。鶏だけではなく、人間にも感染の可能性はあります。これからの時期は新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザにも注意していかなくてはなりません。アクトのクリーン・リフレを使えばほとんどの菌、ウイルスを防ぐ事ができます。もちろん鳥インフルエンザウイルスの不活化も実証されております。
感染拡大を防ぐ為には、クリーン・リフレ(電解無塩型次亜塩素酸水)による空間除菌しか方法はありません。徹底した対策を取りましょう。