プレスリリース

日本獣医師会雑誌 平成31年2月号掲載

日本獣医師会雑誌の平成31年2月号に「豚流行下痢ウイルスに対する次亜塩素酸水のウイルス不活性化効果」ということで、掲載されました。
豚流行性ウイルス(PED)は、2013年10月に、7年ぶりに沖縄県で報告されその後、北海道を含む全国的な流行によりかつてない被害がでました。
次亜塩素酸水のPEDに関するウイルスの不活性化を、 帯広畜産大学の獣医学研究部門の方々と共同研究をし、実験をして頂いた成果が、日本獣医師会雑誌第72巻第2号に掲載されました。
これは又、トンコレラに関しても既に知見が発表されています。PED、トンコレラ対策に㈱アクトの技術を使用し安心した農業経営をしましょう。
大変画期的な内容です。PEDに悩まされているお客様に朗報な内容です。