トピックス

北海道赤平市 鳥インフルエンザの疑い

1月21日、22日の北海道新聞にてついに北海道赤平市で鳥インフルエンザの疑いが。
千葉県から赤平市に出荷されたアイガモのひなが約600羽、感染疑いのため殺処分されてしまいました。
近頃は本州での鳥インフルエンザが多発していましたが、道内2例目となりました。
このままではすぐに感染が広まってしまい、出荷できないという危機的状況に陥ってしまいます。
鳥インフルエンザを防ぐには、空間噴霧が大切です。
もちろん新聞にも記載されている通り、作業員の靴・車両の消毒も欠かせません。
アクトには空間噴霧・車両消毒・靴(靴裏)消毒等、ウイルス侵入を防ぐためのシステムが揃っています。
クリーン・リフレを使ったシステムで、人体・動物に悪影響無く安全に除菌ができます。
感染拡大を防ぐためにも、ウイルス侵入防止の徹底が必要です。