トピックス

帯広市ハヤブサの死骸から鳥インフル陽性反応

帯広市で回収されたハヤブサ1羽の死骸から、鳥インフルエンザウイルス陽性が確認されたました。
今年度、野鳥から鳥インフルエンザが確認されるのは紋別市に続いて2例目となります。
幸い、回収地点から半径3キロ内にある農場では異常は確認されていません。
少しずつ道内にも鳥インフルエンザの脅威が迫っています。
アクトの畜舎除菌システムで空間噴霧すれば、安全です。鳥インフルエンザへの不活化も証明済みで人や動物にも害がありません。
今のような寒い時期にも凍結の心配なく稼働できます。
対策を徹底し道内での感染拡大

を防ぎましょう。